本年でSMW協会は設立20年、
SMW工法は誕生40年を迎えました

SMW協会 NEWS
SMW工法とは
SMW工法とは

SMWとは土(Soil)とセメントスラリーを原位置で混合・攪拌(Mixing)し、地中に造成する壁体(Wall)の略称です。

SMW工法とは専門に開発された多軸混練オーガー機で原地盤を削孔し、その先端よりセメントスラリーを吐出して1エレメントの削孔混練を行いソイルセメント壁体を造るものです。

※「SMW工法」は商標登録です。